■■ ESHの解決策
■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                          2018.3.22 No.443

企業の環境&安全衛生、ISO14001、OHSAS18001の担当者、管理責任者を
支援するサポーターメールマガジン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆ご挨拶

パラリンピックでの選手の皆さんの活躍、女子テニス大坂なおみ選手のツアー
初優勝など、スポーツ界が明るい話題で盛り上がる一方で、レスリングのパワ
ハラ問題や大相撲の暴力事件などが相次ぎ、スポーツファンとしては残念な気
持ちです。

先日、レスリングの栄監督が指導する至学館大学の学長が会見を行い、その内
容に批判が集まっています。私もこの会見を観ましたが「学生を守るための会
見」という学長の意思に反して逆効果だったのではないかと感じました。

「栄監督はパワーのない人間で、そのような人間によるパワハラが存在するの
か」という発言には驚きを通り越して呆れてしまいました。監督と選手、上司
と部下など、組織において階級が存在する限りパワハラが発生する可能性があ
るということくらい誰でも分かりそうなものですが、トップに立つ人間として
配慮が足りないとしか思えません。

この問題の真相は分かりませんが、将来を見据えて正しい解決がなされること
を願わずにはいられません。(門)



--------------------------------------------------------------------


★特集 ISO 45001:2018
(今号は、環境不祥事の教訓、労働災害の真相はお休みします)

<<< ISO45001の最大の特長は、安全文化の促進を要求していること >>>

2年前のことです。ISO 45001の開発を担当したPC283の事務局長、チャール
ズ・コリー氏(BSI:英国規格協会)が来日し、筆者とともにISO 45001(当時
はCD2)のセミナーの講師を務めました。

その際に、同氏が話したことは、まさに目から鱗でした。とても重要なことで
すので、以下にその概要をご紹介します。

========================

労働災害が発生した場合:

・シニアマネージャーは、「自分たちは安全な組織で働いている」という誤っ
た信念をしばしば持っている
・マネージャーは、組織の不安全な症状を探し認識する方法を知らない
・マネージャーは、根本原因ではなく、「誰を非難するか」を探す

労働災害調査は、調査者の先入観や予想により誘導される。

労働災害の80%は、マネジメント(経営層、管理者層)の過失の結果である。

災害調査では、ほぼ事故を起こしてしまった人が犯した間違いに焦点をあてが
ちであるが、事故を起こした風土や物理的環境を作ってしまったマネージャー
に焦点をあてないことがより深刻である。

組織の安全方針や手順は熟考されているように見えるかもしれないが、リスク
に関連せず、目的に合致したものでもない。

社員の理解力や信念が考慮されること、そして方針や手順にコミットすること
が不可欠である。

英国産業連盟(CBI)は、組織の文化を次のとおり表現する:

「組織にその特定のキャラクターを与える、共通の価値観、態度、行動パター
ンの融合体(mix)」

========================


以上のような事項が考慮されてきた結果として、ISO 45001:2018では、要求事
項や附属書の中で次のとおり「文化」(安全文化)が織り込まれています。


序文(0.3 成功のための要因)
  b) トップマネジメントは、OHSMSの意図した成果を支える組織の文化を形成
     し、主導し、促進すること

リーダーシップ及びコミットメント(5.1)
  トップマネジメントはリーダーシップ・コミットメントを実証する;
    j) OHSMSの意図した成果を支える組織の文化を形成し、主導し、かつ、促
       進する

危険源の特定(6.1.2.1)
  危険源の特定プロセスは、次を考慮する;
    b) 作業の編成の仕方、社会的要因、リーダーシップ及び組織の文化

継続的改善(10.3)
  b) OHSMSを支える文化を促進する

附属書A
A.4.1 組織の状況の理解
  b) 次のような、内部の課題:
    7)組織の文化
     
A.5.1 リーダーシップ及びコミットメント
  組織のOHSMSを支える文化は、トップマネジメントによって概ね決定される 
  ものであり、OHSMSに対するコミットメント、並びにOHSMSのスタイル及び習
  熟度を決定する個人及びグループの価値観、姿勢、管理の習慣、認識、力量
  及び活動パターンの産物である。その文化は、働く人の活発な参加、相互の
  信頼に基づく協力とコミュニケーション、OHS機会の検出への積極的な関与 
  によるOHSMSの重要性に対する共通の認識、及び予防・保護処置の有効性へ 
  の自信を特徴とするが、これらに限定されない。

A.6.1 リスク及び機会への取組み
  e) 要求事項を超えてOHSに関わる力量を広げること、又は労働者がインシデ
     ントを遅滞なく報告するよう奨励することにより、労働安全衛生文化を 
     改善する 


◎弊社のサイト「ISO45001の解決策」では、要求事項の概要も記述しています
  ので、是非ともご覧ください。

     http://www.iso45001.jp/iso45001/



★多くの読者様のご関心が高い、「リスク及び機会」について、「ESHエキス
パート」でご紹介しています!

  【ESHエキスパート】 →   http://www.esh.co.jp/expert.html

★また、弊社の会員制情報サイト「ESHデータバンク」では、ISO 45001に関す
るマニュアル、教育資料、帳票類などの貴社に役立つ情報をご提供して参りま
す。
是非ともご活用ください。

  【ESHデータバンク】 →   http://esh.co.jp/eshdatabank.html



---------------------------------------------------------------------


★環境・安全衛生のリスク察知感性と解決策の提示力を高める

◆本日発行「ESHエキスパート」の記事紹介


■復活!今日の言霊

 才能とは何かと問われれば、「続けることだ」と私は答える。


■新着情報

 ★★★ ISO45001発行!

 ・第13次労働災害防止計画について

 ・特定化学物質である「クロム酸及びその塩」の適用について


■環境不祥事の教訓

 より詳細な解説と参考事例紹介


■労働災害の真相

 より詳細な解説とベストプラクティス紹介


■環境事故・ニュースレポート

 全国の事故・事件情報 4件


■労働災害レポート

 全国の労働災害・書類送検情報 27件



  【ESHエキスパート】 →   http://www.esh.co.jp/expert.html
  
  

----------------------------------------------------------------------

本メルマガは、「ESHエキスパート」のダイジェスト版をお届けしています。
(2回/月:第一、第三水曜日発行)

メルマガは、発行者からは読者を知ることができず、不特定多数の方に配信す
ることになります。読者様も増え、実名を含む記事の紹介などの支障も懸念さ
れるためです。

どうぞご理解ください。


■ 『ESHエキスパート』の詳細及びお申込みはこちらから
   → http://www.esh.co.jp/expert.html

  ★お申込みの際、≪質問・ご確認事項など≫欄に必ず「メルマガ読者」と
   ご記入ください。
  

--------------------------------------------------------------------


★このメールマガジンを皆様にとってより良いものとするために、読者の皆様
のご意見やご要望をお待ちしております。是非ともお寄せください。

◇ info@esh.co.jp まで


---------------------------------------------------------------------

★★★読者の皆様へESHデータバンクのご案内★★★

環境、安全衛生、ISO14001、OHSAS18001に関する有料の資料集サイト「ESHデ
ータバンク」のサービス、好評提供中です。

http://www.esh.co.jp/eshdatabank.html


◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◇

【発行元】
環境ワークス株式会社
http://www.esh.co.jp
発行責任者 黒崎

★このメールマガジン転送はOKですが
 掲載された記事の内容を許可なく転載する
 ことを禁じます。問い合わせ下さい。        (C) Copyright -2009
----------------------------------------------------------------------