■■ ESHの解決策
■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                          2017.6.7 No.424

企業の環境&安全衛生、ISO14001、OHSAS18001の担当者、管理責任者を
支援するサポーターメールマガジン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆ご挨拶

梅雨の季節だというのに、ここ数日爽やかな天気が続きました。週末は屋外の
レジャーを楽しまれた方も多いのではないでしょうか?

しかし、今週半ばから来週初めにかけて、関東甲信越でも梅雨入りが発表され
そうです。

梅雨とはいえ晴れの日には気温がぐっと上がり、まだ体も暑さに慣れていない
ため、熱中症には注意が必要です。

外出の際は、水分補給をこまめにするなど、暑さ対策を忘れずに!(門)



--------------------------------------------------------------------


■環境不祥事の教訓

◆発寒清掃工場のさび飛散 札幌市の賠償額1億6千万円に 「多額の税金、
申し訳ない」 (5/31)

札幌市の発寒清掃工場(西区発寒15の14)で2014年6月以降、煙突か
らさびが周辺に飛散していた問題で、付着被害を受けた建物や自動車の補修に
伴う損害賠償が総額約1億6千万円に上ることが30日、分かった。対象は法
人12社の施設や個人の車両約150台などに上った。市は今秋までに賠償手
続きを終えるという。

市環境局環境事業部は「多額の税金を使い、大変申し訳ない。施設の改修時に
は事故のないよう慎重に進めたい」と陳謝している。
(北海道新聞)


◆解説

異常な大気への放出は、排水よりも被害が広範に及ぶことが特徴です。

特に本件のような粉じん系は自動車や洗濯物など近隣住民の方々に直接的に影
響が出るので、適切な管理が必要です。

しかしながら、監査や審査で特に不具合が検出されるのが集塵機です。特に、
マノメーターによる差圧管理が不適切なケースが散見されます。

集塵機のバグフィルター(濾布)に損傷があれば、粉じんが排気口から噴き出
すことになり、多くの環境影響が懸念されます。

ISO14001に基づく環境側面として、それらが特定されていないケースすら存在
します。

まずは、排気口や集塵機を環境側面として捉え、適切に維持することが重要で
す。

余談ですが、福島原発で被害を大きくした原因は、ベントにフィルター(フィ
ルタベント装置)が設置されておらず、放射性の粉じんが排出されたことだと
されています。

その原因は、「安全神話」により重大な事故は起こりえないことが前提にあっ
たことによります。

リスクを考慮して環境側面を特定し管理することが期待されます。



★大気汚染防止法における企業責任と最も一般的な大気排出設備である集塵機
の管理のベストプラクティスを「ESHエキスパート」でご紹介しています!


  【ESHエキスパート】 →   http://www.esh.co.jp/expert.html

  ☆【ESHエキスパート】は大手ISO審査機関に審査員教育用資料として
   採用されています。



---------------------------------------------------------------------


■労働災害の真相

◆ミキサーに挟まれ重体 千葉市の工場従業員 (5/30)
  
29日午前11時ごろ、千葉市美浜区新港の「ピュアディッシュ」内で「従業
員がミキサーに挟まれた」と119番通報があった。従業員の40代くらいの
女性が上半身を挟まれ、意識不明の重体。千葉西署で詳しい事故原因を調べて
いる。

同署によると、ミキサーは直径82.5センチの円形で、ポテトサラダをかき
まぜるためのもの。女性は1人で水洗いしていた際に、回転するブレードに巻
き込まれたという。
(千葉日報)


◆解説

40代のパート社員の女性が、ポテトサラダのかくはん機に巻き込まれて亡く
なるという痛ましい災害です。

被災者は、かくはん機を稼働させたまま1人で洗浄していたという記事もあり、
労働安全衛生規則第107条への違反だと言えます。

【労働安全衛生規則】
(掃除等の場合の運転停止等)
第百七条  事業者は、機械の掃除、給油、検査、修理又は調整の作業を行う
場合において、労働者に危険を及ぼすおそれのあるときは、機械の運転を停止
しなければならない。ただし、機械の運転中に作業を行わなければならない場
合において、危険な箇所に覆いを設ける等の措置を講じたときは、この限りで
ない。 

条文のとおり、主語は事業者ですからパート社員にかくはん機を止める手順や
教育を怠った会社に責任があることになります。

当社は、JA全農グループであり、零細企業ではありません。何故にパート社員
がかくはん機を停止しないで清掃作業を実施したか、企業の管理責任が問われ
る事故と言えます。

特に食品会社は、レイアウトや取扱い商品が頻繁に変わる、パート社員が多い
など、労働災害に至る悪条件が揃っていることを認識し、より厳格な非定常作
業管理を取り入れることが期待されます。



★厚生労働省による労働ブラック企業の公表について「ESHエキスパート」で
解説しています!


  【ESHエキスパート】 →   http://www.esh.co.jp/expert.html



---------------------------------------------------------------------


★環境・安全衛生のリスク察知感性と解決策の提示力を高める

◆本日発行「ESHエキスパート」の記事紹介

■今日の言霊

  愛の反対語は無関心


■新着情報

・「新エコアクション21」導入セミナーの開催

・粉じん障害防止規則及びじん肺法施行規則の一部を改正する省令の施行

・三酸化二アンチモンの特化物への追加


■環境不祥事の教訓

 より詳細な解説と参考事例紹介


■労働災害の真相

 より詳細な解説とベストプラクティス紹介


■環境事故・ニュースレポート

 全国の事故・事件情報 6件


■労働災害レポート

 全国の労働災害・書類送検情報 15件



  【ESHエキスパート】 →   http://www.esh.co.jp/expert.html
  
  

----------------------------------------------------------------------

本メルマガは、「ESHエキスパート」のダイジェスト版をお届けしています。
(2回/月:第一、第三水曜日発行)

メルマガは、発行者からは読者を知ることができず、不特定多数の方に配信す
ることになります。読者様も増え、実名を含む記事の紹介などの支障も懸念さ
れるためです。

どうぞご理解ください。


■ 『ESHエキスパート』の詳細及びお申込みはこちらから
   → http://www.esh.co.jp/expert.html

  ★お申込みの際、≪質問・ご確認事項など≫欄に必ず「メルマガ読者」と
   ご記入ください。
  

--------------------------------------------------------------------


★このメールマガジンを皆様にとってより良いものとするために、読者の皆様
のご意見やご要望をお待ちしております。是非ともお寄せください。

◇ info@esh.co.jp まで


---------------------------------------------------------------------

★★★読者の皆様へESHデータバンクのご案内★★★

環境、安全衛生、ISO14001、OHSAS18001に関する有料の資料集サイト「ESHデ
ータバンク」のサービス、好評提供中です。

http://www.esh.co.jp/eshdatabank.html


◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◇

【発行元】
環境ワークス株式会社
http://www.esh.co.jp
発行責任者 黒崎

★このメールマガジン転送はOKですが
 掲載された記事の内容を許可なく転載する
 ことを禁じます。問い合わせ下さい。        (C) Copyright -2009
----------------------------------------------------------------------