■■ ESHの解決策
■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                          2016.7.6 No.402

企業の環境&安全衛生、ISO14001、OHSAS18001の担当者、管理責任者を
支援するサポーターメールマガジン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆ご挨拶

3日に発生した台風1号が勢力を強めながら沖縄地方へ近づいています。今年
は統計史上、2番目に遅い台風1号の発生となりました。進路次第では、沖縄
や九州地方に影響を及ぼす可能性があるとのことですので、十分にご注意くだ
さい。

台風による被害は避けたいものですが、一方で今年は深刻な水不足が懸念され
ており、台風が水不足を解消するための鍵を握っているともいわれています。

週末、栃木県の川俣ダムを訪れたのですが、やはり貯水量が少なく、茶褐色の
山肌がむき出しになっていて、その深刻さを目の当たりにしました。

すでに3年ぶりの「取水制限」に踏み切っていますが、さらに水不足が続くと、
家庭への水量を制限する「給水制限」、さらに「時間給水」や「断水」という
手段が取られることになります。

今年は猛暑が予想されていますので、まとまった雨が降ってくれることを祈ら
ずにはいられません。(門)



---------------------------------------------------------------------


☆「ロックアウト & ISO45001 セミナー」(無料)のご案内

ミドリ安全が開催する標記セミナーで、弊社代表の黒崎が講師を務めます。

東京会場:TKP品川カンファレンスルームANNEX 3階 Room8
     7月12日(火)13:30〜17:00(受付12:30〜)

大阪会場:グランフロント大阪北館タワーC8階
          ナレッジキャピタルカンファレンスルームタワーC RoomC05
     7月14日(木)13:30〜17:00(受付12:30〜)

名古屋会場:名古屋ダイヤビルテック(株)2号館223会議室
      7月15日(金)13:30〜17:00(受付12:30〜)

無料ですので、是非ともご参加ください。

お申し込みは次のアドレスまで;
              sh-tokatsu@midori-grp.com

希望日、社名、ご参加者名、連絡先、「講師黒崎紹介」をご記入ください。


--------------------------------------------------------------------

★お知らせ★

弊社の情報提供サイト「ESHデータバンク」では、ISO14001:2015対応のマニュ
アルや帳票類(記入例付き)が一式揃います。

自力で2015年版に対応したい組織にお薦めです。

また、ISO45001のDISもワード版で提供中です。

今ならメルマガ読者に10%OFFで提供中です。

法人会員(同一事業所内):70,000円 → 63,000円
コーポレート会員(社内無制限):180,000円 → 162,000円

なお、ESHデータバンクには、ESHエキスパート(有料メールマガジン)も含ま
れています。

お申込みはこちらから→ http://www.esh.co.jp/eshdatabank.html


--------------------------------------------------------------------


■環境不祥事の教訓

◆秋田の水路に泡 原因は消防職員 大量の消火剤を不法投棄 (6/24)

秋田市の雄物川に流れ込む水路で22日、大量の泡が発生する水質汚染事故が
あり、原因は市消防本部の職員2人が不法投棄した消火剤であることが分かっ
た。県警は廃棄物処理法違反の疑いで捜査している。

国土交通省秋田河川国道事務所によると、22日朝、秋田市雄和石田の水路に
大量の泡が浮かんでいると連絡があり、現場を確認し、関係機関に連絡。市上
下水道局は雄物川からの取水を約3時間停止した。

市消防本部によると、警防課の男性消防司令補(51)と男性消防士長(6
1)が「自分たちが捨てた消火剤が原因かもしれない」と申し出て、2人のほ
か消防車1台などが出動して泡の回収作業を行った。

2人は21日、現場近くの消防施設敷地内に穴を掘り、消火剤約860リット
ルを捨てた。土壌に浸透し、側溝を通じて水路に流れ込んだとみられる。市消
防本部は23日朝になって、事実関係を河川国道事務所などに報告した。

佐藤好幸消防長は「法令に従い職務を執行すべき職員が不適切な行為を行い、
ご迷惑をお掛けして申し訳ない」と話している。
(産経ニュース)


◆解説

気軽に不要物を捨ててしまうのは消防署員に限ったことではありません。

例えば、トリクロロエチレンなど塩素系溶剤による土壌汚染においては、不要
になった塩素系溶剤を建屋の出入口付近の砂利や土の上に棄てた例が数多く見
られました。

もちろん当時は規制対象物質ではなかったため安易に棄てたのだと思いますが、
一般社員の認識はあまり高くないことの顕れです。

当然ながら、土壌や地下水の挙動など知る由もなく、まさか河川に流れ出ると
は考えもしなかったのでしょう。

化学物質や土壌・地下水汚染に関する教育の重要性を示す事例と言えます。



★化学物質や土壌・地下水汚染に関する教育について「ESHエキスパート」で
詳述しています!

  【ESHエキスパート】 →   http://www.esh.co.jp/expert.html

  ☆【ESHエキスパート】は大手ISO審査機関に審査員教育用資料として
   採用されています。



---------------------------------------------------------------------


■労働災害の真相

◆タンク死亡事故 社長ら書類送検 労働安全衛生法違反容疑で労基署/宮崎
 (6/23)
    
木城町の飼料工場のタンク内で5月、男性が低酸素血症で死亡した事故で、宮
崎労働基準監督署は22日、宮崎市の食品加工・畜産会社「OkazakiF
ood」と、同社社長の男(41)、専務の男(51)を労働安全衛生法違反
容疑で宮崎地検に書類送検した。 

送検容疑は5月26日、木城町の飼料工場にある焼酎かすを貯蔵するタンク近
くで男性従業員(43)を作業させるにあたり、タンクへの立ち入りを禁止す
る表示をしなかったとしている。従業員はタンクから焼酎かすを抜き取る作業
をしていたが、何らかの理由でタンク内に入り低酸素血症で死亡した。 

男性を助けようとした別の男性従業員(38)もタンク内に入り意識がもうろ
うとして倒れた。
(毎日新聞)


◆解説

この場合の「低酸素血症」とは、「酸素欠乏症」のことです。

「低酸素血症」は原因別に、大気性低酸素症、貧血性低酸素症、 うっ血性低
酸素症などと分類されます。

大気性低酸素症とは、低酸素濃度の空気の吸入など吸気中の酸素分圧の低下が
原因で起こりますが、吸気中酸素分圧の低下によって起こる大気性低酸素症の
うち、低酸素濃度空気の吸入によるものを酸素欠乏症といいます。

本送検の事由は、酸素欠乏症等防止規則の次の条文だと考えられます;

【酸素欠乏症等防止規則】
(立入禁止)
第九条  事業者は、酸素欠乏危険場所又はこれに隣接する場所で作業を行う
ときは、酸素欠乏危険作業に従事する労働者以外の労働者が当該酸素欠乏危険
場所に立ち入ることを禁止し、かつ、その旨を見やすい箇所に表示しなければ
ならない。 

被災者がタンク内に入った理由は不明ですが、もし、「酸欠注意」などの表示
があれば防げた災害かもしれません。

この災害では、救出者も酸欠状態に陥りましたが、酸欠災害では典型的な事象
であり、命を落とさなかったことがせめてもの救いと言えそうです。



★米国OSHAのコンファインドスペース・プログラムについて「ESHエキスパー
ト」でご紹介しています!

  【ESHエキスパート】 →   http://www.esh.co.jp/expert.html



---------------------------------------------------------------------


★環境・安全衛生のリスク察知感性と解決策の提示力を高める

◆本日発行「ESHエキスパート」の記事紹介

■今日の言霊

  パンに生えたカビからペニシリンができたように、
  誰しも何かを生み出せる可能性を秘めている


■新着情報

・ISO45001情報


■環境不祥事の教訓

 より詳細な解説と参考事例紹介


■労働災害の真相

 より詳細な解説とベストプラクティス紹介


■環境事故・ニュースレポート

 全国の事故・事件情報 9件


■労働災害レポート

 全国の労働災害・書類送検情報 21件



  【ESHエキスパート】 →   http://www.esh.co.jp/expert.html
  
  

----------------------------------------------------------------------

本メルマガは、「ESHエキスパート」のダイジェスト版をお届けしています。
(2回/月:第一、第三水曜日発行)

メルマガは、発行者からは読者を知ることができず、不特定多数の方に配信す
ることになります。読者様も増え、実名を含む記事の紹介などの支障も懸念さ
れるためです。

どうぞご理解ください。


■ 『ESHエキスパート』の詳細及びお申込みはこちらから
   → http://www.esh.co.jp/expert.html

  ★お申込みの際、≪質問・ご確認事項など≫欄に必ず「メルマガ読者」と
   ご記入ください。
  

--------------------------------------------------------------------


★このメールマガジンを皆様にとってより良いものとするために、読者の皆様
のご意見やご要望をお待ちしております。是非ともお寄せください。

◇ info@esh.co.jp まで


---------------------------------------------------------------------

★★★読者の皆様へESHデータバンクのご案内★★★

環境、安全衛生、ISO14001、OHSAS18001に関する有料の資料集サイト「ESHデ
ータバンク」のサービス、好評提供中です。

http://www.esh.co.jp/eshdatabank.html


◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◆◇◇

【発行元】
環境ワークス株式会社
http://www.esh.co.jp
発行責任者 黒崎

★このメールマガジン転送はOKですが
 掲載された記事の内容を許可なく転載する
 ことを禁じます。問い合わせ下さい。        (C) Copyright -2009
----------------------------------------------------------------------